FC2ブログ

特別編「先人の知恵×エコ」な工房~丸森町~

 台風19号から一か月以上が経ちました。
まだ、大変な思いをされている方々がたくさんいます。

 先日の連休に、宮城県丸森町のボランティア活動に参加してきました。
丸森町は、山、川に囲まれた豊かな美しい町です。
美味しい物、温かい人、豊かな自然、魅力いっぱいの場所です。
この度の台風では、甚大な被害を被り、地域の人だけではとても復旧の手が足りません。

 隣県に住む者として、少しでもお手伝いができればと、2日間の短い時間でしたが、おうちにお邪魔させていただき、
床下の泥だしや、消毒を手伝いしました。

 お話をさせていただいたお宅で、ボトルに入れた柿渋が目に留まりました。
「柿渋細工ゆり工房」の佐藤ゆり子さんのおうちでした。
 佐藤さんは、東日本大震災の風評被害で、野菜などの客足が遠のいてしまった場所で、何かできないかと柿渋のクラフトを作り始めたそうです。
 新聞を使ったエコバッグはこれまでもありましたが、柿渋を重ねることで、日常使えるバッグとして新たな可能性を生み出しました。

web1.jpg

 柿渋は、秋の実りの柿を活かし、果物の持つ強い発酵の力を借りて、耐久性、防水性、防虫、防腐、消臭などたくさんの効果をもたらす、環境に全く影響を与えない染料です。
 昔から衣料品等生活の道具に使われてきました。

 バックの持ち手には、牛乳パックや古紙を再生したクラフトバンドを使用し、新聞紙、柿渋で環境に優しく、楽しんで作れる作品をデザインし、台風の前は教室もされていたそうです。
 町が落ち着いたら、また工房を始めたいとおっしゃっていました。
 夏暑く、冬寒いという、丸森の地形は、山形県にも似ていて、私たちの生活にも活かせる部分が多くあるのではないかと感じました。

web2.jpg
(よ~~~く見ると山形大学の記事が)

 被害に遭われた皆様が、一日も早く安心して生活できるよう、お祈りしております。
また、私たちも普段から災害への備え、環境への関心を持ち続けなければならないと強く思います。

 佐藤さんからは、大変な中お話を伺わせていただき、掲載の許可をいただきました。ありがとうございました。
また、足を運びたいと思います。
(事務局A)

田んぼの美術館♪

田植えの時にお邪魔した尾花沢市の田んぼアートが見ごろを迎えているとお知らせいただいて、小さかった苗を思い出しながら行ってきました。


尾花沢市名木沢(旧名木沢小学校裏)にある田んぼアートです。
タイトルは「スイカ太郎とつや姫の出会い」
6種類の稲が見事な色合いで、さながら田んぼの美術館のようでした。

IMG_8721.jpg
つや姫の横には、山形の美味しいお米、つや姫のデザイン♪

IMG_8723.jpg
地元の子どもたちと地域の皆さんが田植えをして、大切に育ててきた田んぼアート。
赤と黄色ののぼりが目印です。

IMG_8725.jpg
そして、今年はもう一か所にも素晴らしい田んぼアートが描かれていました。
「くまモンとゆきごろう」です。

IMG_8726.jpg
熊本県のキャラクターくまモンと、尾花沢のキャラクター雪ごろうが仲良く笑っています。

IMG_8729.jpg
目印は、喫茶胡桃の木さんです。
お店の中には、田植えをした尾花沢小学校の子ども達が作った熊本支援の募金箱が設置されています。
集まった支援金は、熊本県に寄付されるそうです。
白い稲、赤い稲、生で見ると不思議な感じです。
お店の中からゆったりと見るのも素敵ですよ。

田植えの季節がやってきました!~part2~

昭和初期まで養蚕が盛んだった白鷹町蚕桑地区の田んぼアートでも測量が始まりました。

創作民話「おかいこ姫」の物語をモチーフに今年で8年目の活動となるそうです。
今年のおかいこ姫の絵は…お分かりになりますか?
とても細かい描写が表現され、測量も大変時間のかかる作業でした。

IMG_8270.jpg


田植えの日まで、大切に育てられた苗。
絵の通りに色が分かれています。

IMG_8259.jpg


この日は絵に振った番号に合わせて実際の田んぼに杭を打ち、紐を張っていきます。
ここが大事!狂ってしまうと上から見た時に美しい絵が歪んでしまいます。
皆さん慎重に慎重に、声を掛け合い作業を進めていました。

IMG_8274.jpg

IMG_8272.jpg

IMG_8262.jpg

紐を張った後は、6/5(日)の田植えの準備。
植える時に間違えないように、苗の色を表示したボードを置いていきます。
上から見るとよくわかるのですが、田んぼを横から見ると、これがわからなくなるんです‼
ここでも声掛けが大切!

IMG_8285.jpg

お昼は、地元の皆さんが作ってくださった大きなおにぎりとお漬物をいただきました。
皆さんの日焼けした笑顔が素敵な活動でした。

IMG_8293.jpg

田植えの季節がやってきました!~part1~

5月になると、田んぼには水が入り、自然を映す鏡となって、山形はとても美しい時期がやってきます。
尾花沢市の福原地区をご存知ですか?尾花沢といえば、夏スイカ日本一の里です。
それに因んで地元の方々が作る地域団体福原ふるさと塾の皆さんが、3年前からスイカを題材にした物語『スイカ太郎』の田んぼアートを地元の方や子どもたちと一緒に製作しています。
東北で最も人口が少ない市、尾花沢市をもっと盛り上げよう、若い世代や子どもたちが暮らしやすい場所にしようと、今年も地域の皆さんが中心となって5月28日(土)、田植えが行われました。

IMG_8190.jpg



IMG_8174.jpg

IMG_8189.jpg


IMG_8191.jpg

この田んぼアートは、尾花沢の自然を美術館に見立て、地元出身の脚本家、小説家の、あべ美佳さんから「スイカ太郎」の物語を作っていただき紙芝居のように、毎年絵柄を田んぼに描いているそうです。
この日は、一般の方も参加して田植えを行い、後日福原小学校の5年生の皆さんが完成まで田植えをしたそうです。

他に子供たちの通学路のゴミ拾いや、紫陽花やコスモスを植えたりして環境整備にもみんなで取り組んでいます。
田植えを行ってから、半年以上の歳月をかけ、秋に収穫された観賞用米を米粉麺にして、田植えに手伝ってくれた福原小学校の子どもたちに米粉麺給食を一緒に食べて交流しています。

IMG_8192.jpg

IMG_8193.jpg

IMG_8186.jpg

頼もしい地元の方々の努力が実り、毎年たくさんの方が田んぼアートを見に訪れます。
これからの時期、すくすくと成長してくれることでしょう。

写真展開催中!

当フォーラムの「第2回水辺の四季写真コンテスト」(平成22年度)において「鮭漁」で最優秀賞を受賞した戸塚喜八さんの写真展「故里のくらしとまつり」が新庄市のアトリエ・山形現代美術館でただいま開催されています。
gymhは先日拝見しに行ってきました
最優秀賞を受賞された「鮭漁」の作品は鮭の飛び跳ねている様が印象的でしたが、会場に展示されている作品は農作業やお祭り、慶事などそれぞれの地域に暮らしている方々を撮影した素晴らしい作品でした

戸塚さん写真展●

more...

プロフィール

gymkyoku

Author:gymkyoku
Welcome to じむきょく日誌☆

美しい山形・最上川フォーラム事務局からgymkyokuがお届けします。
活動・イベントの様子も紹介しますので、是非Check it out!^0^v

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード