FC2ブログ

開花!

 山形県内でも桜が咲き始めました。
春を感じさせてくれる花はたくさんありますが、やはり桜は格別です。
蕾から満開へと変わっていく柔らかい花の色は、青空や街の空気まで優しくしてくれるような気がします。

bu1.jpg

bu3.jpg
   山形市の最上義光歴史館前。アーチのような桜並木はウォーキングコースとしても人気です。

bu2.jpg
                  上山城周辺も咲いています。

bu4.jpg
                上山市役所の十月桜。こちらも満開です。


一足先に桜を楽しんでいただきたいと展示を始めた「夢の桜街道 桜の写真と灯りの展示会」。
上山市観光課様のご協力で、多くの方に見ていただくことができました。
明日、4月5日からは朝日町に場所を移して展示を行います。

開館時間、アクセスなどは朝日町HPで確認ください。
※スケジュールは変更になる場合があります。
https://www.town.asahi.yamagata.jp/.../bunkashi.../4059.html

おうち花見いかがですか。桜の写真と灯りの展示会②

 上山市での桜の写真と灯りの展示、お仕事や手続きで通られる方に見ていただけたようです。
現在は、村山市甑葉プラザロビーにお引越ししております。
※4/3金曜日までの予定ですが、休館等で展示を終了する場合があります。

 この時期、外出を控えている方にも楽しんでいただければと、順番に掲載しています。
自分の故郷の桜や、名所の桜をネット上で楽しむ「おうち花見」もいいかもしれません。
自然の色は、私たちの気持ちを安らがせてくれます。

4春のみち(長井市) 青木力
【春のみち】 撮影場所:長井市千本桜 撮影者:青木 力氏

最上川を春色に染める桜と空のコラボレーションが素晴らしいロケーションです。

32山里の桜(白鷹町) 渡辺哲志郎
【山里の桜】 撮影場所:白鷹町浅立 撮影者:渡辺 哲志郎氏

春の山形では、このように昔から地域で愛されてきた桜がたくさん見られます。

IMG_1170.jpg
IMG_1171.jpg

ひょうたんは、遊び心を入れて奈良と鎌倉の大仏様に登場いただきました。
今は旅行は難しいのですが、来春は美味しいお団子を頬張りながら出かけたいものです。

IMG_1215.jpg
IMG_1217_2020033113114503a.jpg

こちらは、お子さんたちに喜んでもらえたら嬉しい桜の妖精です。

桜202003

1週間ほど前の桜の様子です。
この日は雨が降っていましたが、蕾は確実に大きく丸く膨らんできていました。

桜の写真と灯りの展示会①

 現在開催中の~最上川夢の桜街道~桜の写真と灯りの展示会の作品をご紹介します。

56春景(上山市) 渡部武三
【春景】 撮影場所:上山市みゆき公園 撮影者:渡部武三氏

 桜の見どころが多い、上山市。雪山と桜、東北ならではの景色です。

137大泉 昭二 様
【夜桜水映】 撮影場所:米沢市松ケ岬公園 撮影者:大泉昭二氏

お堀にかかる菱門橋と桜のコラボレーションが素晴らしい桜の名所です。

ひょうたんの灯りは、こちらも東北にちなんで、こけしバージョン。
背中には、フキノトウなどの山菜をデザインしました。

IMG_1168.jpg

IMG_1219.jpg

こけしと言えば、ロシアのマトリョーシカのルーツだと言われているのをご存知でしょうか。
ロシアの可愛い人形マトリョーシカの中に、チェブラーシカもいます。
日本の桜は、海外でもその美しさで人気があります。
今回展示しているひょうたんには、全て桜がデザインされています。
素晴らしい写真と一緒にお楽しみください。

IMG_1223_20200325165245434.jpg

IMG_1225.jpg





門出を祝うプレゼント♪

 
 たくさんの巣立ちと新しい出会いの季節になりました。
先日、尾花沢市内の小中学校にお伺いしました。卒業式を間近に控えた学校では、先生たちが卒業式の準備をしておられました。

 お祝いの気持ちを込めて、沢山の花々で飾られた校内で、用務員をされている阿部勤さんが黒板にチョークアートを描かれていました。

web2_202003251103471cc.jpg

今年は、卒業生とご父兄、先生の卒業式。描かれた絵の中には、在校生の気持ちも添えられています。



web8.jpg

よく見ると、羽ばたいて行く18羽の白鳥たち。
ランドセルや愛用した帽子を置いて、向かう先は中学校。卒業生一人ひとりの似顔絵も飾られています。

web3.jpg

こちらは中学校のチョークアート。

web4.jpg

「君が歩けば そこにかならず 道は出来る」
永井龍雲の詩だと、教えていただきました。

web4.jpg

旅立ちを迎えた皆さん、本当におめでとうございます。
新しい、自分だけの道を歩いて行ってください。

web1_2020032511034688e.jpg

その道には、美しい花や木々、鳥たちも待っていることでしょう。
小学校の校庭では、一番最初のクロッカスが開く直前でした。

特別編「先人の知恵×エコ」な工房~丸森町~

 台風19号から一か月以上が経ちました。
まだ、大変な思いをされている方々がたくさんいます。

 先日の連休に、宮城県丸森町のボランティア活動に参加してきました。
丸森町は、山、川に囲まれた豊かな美しい町です。
美味しい物、温かい人、豊かな自然、魅力いっぱいの場所です。
この度の台風では、甚大な被害を被り、地域の人だけではとても復旧の手が足りません。

 隣県に住む者として、少しでもお手伝いができればと、2日間の短い時間でしたが、おうちにお邪魔させていただき、
床下の泥だしや、消毒を手伝いしました。

 お話をさせていただいたお宅で、ボトルに入れた柿渋が目に留まりました。
「柿渋細工ゆり工房」の佐藤ゆり子さんのおうちでした。
 佐藤さんは、東日本大震災の風評被害で、野菜などの客足が遠のいてしまった場所で、何かできないかと柿渋のクラフトを作り始めたそうです。
 新聞を使ったエコバッグはこれまでもありましたが、柿渋を重ねることで、日常使えるバッグとして新たな可能性を生み出しました。

web1.jpg

 柿渋は、秋の実りの柿を活かし、果物の持つ強い発酵の力を借りて、耐久性、防水性、防虫、防腐、消臭などたくさんの効果をもたらす、環境に全く影響を与えない染料です。
 昔から衣料品等生活の道具に使われてきました。

 バックの持ち手には、牛乳パックや古紙を再生したクラフトバンドを使用し、新聞紙、柿渋で環境に優しく、楽しんで作れる作品をデザインし、台風の前は教室もされていたそうです。
 町が落ち着いたら、また工房を始めたいとおっしゃっていました。
 夏暑く、冬寒いという、丸森の地形は、山形県にも似ていて、私たちの生活にも活かせる部分が多くあるのではないかと感じました。

web2.jpg
(よ~~~く見ると山形大学の記事が)

 被害に遭われた皆様が、一日も早く安心して生活できるよう、お祈りしております。
また、私たちも普段から災害への備え、環境への関心を持ち続けなければならないと強く思います。

 佐藤さんからは、大変な中お話を伺わせていただき、掲載の許可をいただきました。ありがとうございました。
また、足を運びたいと思います。
(事務局A)
プロフィール

gymkyoku

Author:gymkyoku
Welcome to じむきょく日誌☆

美しい山形・最上川フォーラム事務局からgymkyokuがお届けします。
活動・イベントの様子も紹介しますので、是非Check it out!^0^v

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード