スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山形駅の新名所♪

年末年始の休暇で、「お帰りなさい」や「行ってらっしゃい」の声がにぎやかに聞かれる山形駅の新幹線ホームに、この度木の魅力を優しく伝えるブロック「もくロック」でできた新幹線がお目見えしました。

IMG_0139.jpg

県土面積の約7割が森林という、豊かな環境に恵まれている山形県。
地域の豊かな森林資源を「森のエネルギー」、「森の恵み」として活かしていく『山形森林ノミクス』宣言が平成25年に出されました。
この度、県木材使用のプロダクトの紹介で、米沢市で作られている木製ブロックが1ヵ月ほど展示されることになりました。

IMG_0146.jpg

IMG_0147.jpg

「もくロック」は、地元山形県で伐採される広葉樹(サクラ、ホオノキ、カエデ、カバ、シデ、ケヤキ)を使用し、樹種ごとに分かれた加工機で100分の数ミリを要する加工精度にて切削しているそうです。
近づいて見てみると、それぞれの木の持つ違いと味わいがわかります。

IMG_0143.jpg

木の持つ優しい手触りと香り、心地よい音を感じてみてくださいね。
※触れる際には、展示が崩れないように出来るだけそっとお願いします。

IMG_0148.jpg

秋の気配

暑い暑いと思っていたら、朝晩は虫の声がにぎやかになってきました。
季節は夏から秋へ一歩ずつ近づいています。
昨日訪れた河北町の「矢ノ目糀屋」さんの店先にはブドウがなっていました。

IMG_6332_20160824175318367.jpg

素敵な蔵のカフェで、朝日町産のジェネバという真っ赤なリンゴを使ったアップルパイをいただきました。

IMG_6333_20160824175316c46.jpg


まるで宝石のような美しさです。
ポリフェノール、アントシアニンがたっぷり。
いただいてみるときりっとした酸味とコクのあるアイスが見事にマッチしていました。

並んでいる瓶にも秋の気配が。
IMG_8965.jpg

藤島町からは美味しい「川中島白桃」をいただきました。
藤島町は「フルーツ王国」で、実は県内で一番多くの品種を栽培しているところだそうです。
桃、梨、柿、リンゴと秋は美味しいものがたくさんですね。
秋のドライブに、県内の美味しいもの巡りはいかがでしょうか。

IMG_6343.jpg


夏の訪れ♪

「だだちゃ豆」といえば、いまや全国にファンを持つ非常に美味しい豆ですよね。
味の宝庫、山形県の庄内の中でも、鶴岡市のごく限られた場所でしか作られていない「在来野菜」のひとつである「だだちゃ豆」
名前の面白さや見た目と味のギャップも、見て面白く食べておいしい魅力的な豆です。
早生よりも遅く収穫された物の方が美味しいと言われていますが、まもなく収穫最盛期がやってきます。

鶴岡からいらしたお客様からとっても美味しい「夏の便り」を届けていただきました。



地元の味にこだわり、美味しく健康的なお菓子を提供されている「出羽菓子処 みのりや」さんの「だだちゃ豆福」
だだちゃ豆をつぶしたじんだ(置賜地方ではじんだん、村山地方ではぬたというそうです)がたっぷりで、塩味、豆の味、甘みが絶妙なバランスです。
一気に夏が来た感じです♪
暑い夏を乗り切るために、ほっと一息おやつタイムにおススメですよ。

FullSizeRender1_20160726155720c9c.jpg

田んぼの美術館♪

田植えの時にお邪魔した尾花沢市の田んぼアートが見ごろを迎えているとお知らせいただいて、小さかった苗を思い出しながら行ってきました。


尾花沢市名木沢(旧名木沢小学校裏)にある田んぼアートです。
タイトルは「スイカ太郎とつや姫の出会い」
6種類の稲が見事な色合いで、さながら田んぼの美術館のようでした。

IMG_8721.jpg
つや姫の横には、山形の美味しいお米、つや姫のデザイン♪

IMG_8723.jpg
地元の子どもたちと地域の皆さんが田植えをして、大切に育ててきた田んぼアート。
赤と黄色ののぼりが目印です。

IMG_8725.jpg
そして、今年はもう一か所にも素晴らしい田んぼアートが描かれていました。
「くまモンとゆきごろう」です。

IMG_8726.jpg
熊本県のキャラクターくまモンと、尾花沢のキャラクター雪ごろうが仲良く笑っています。

IMG_8729.jpg
目印は、喫茶胡桃の木さんです。
お店の中には、田植えをした尾花沢小学校の子ども達が作った熊本支援の募金箱が設置されています。
集まった支援金は、熊本県に寄付されるそうです。
白い稲、赤い稲、生で見ると不思議な感じです。
お店の中からゆったりと見るのも素敵ですよ。

田植えの季節がやってきました!~part2~

昭和初期まで養蚕が盛んだった白鷹町蚕桑地区の田んぼアートでも測量が始まりました。

創作民話「おかいこ姫」の物語をモチーフに今年で8年目の活動となるそうです。
今年のおかいこ姫の絵は…お分かりになりますか?
とても細かい描写が表現され、測量も大変時間のかかる作業でした。

IMG_8270.jpg


田植えの日まで、大切に育てられた苗。
絵の通りに色が分かれています。

IMG_8259.jpg


この日は絵に振った番号に合わせて実際の田んぼに杭を打ち、紐を張っていきます。
ここが大事!狂ってしまうと上から見た時に美しい絵が歪んでしまいます。
皆さん慎重に慎重に、声を掛け合い作業を進めていました。

IMG_8274.jpg

IMG_8272.jpg

IMG_8262.jpg

紐を張った後は、6/5(日)の田植えの準備。
植える時に間違えないように、苗の色を表示したボードを置いていきます。
上から見るとよくわかるのですが、田んぼを横から見ると、これがわからなくなるんです‼
ここでも声掛けが大切!

IMG_8285.jpg

お昼は、地元の皆さんが作ってくださった大きなおにぎりとお漬物をいただきました。
皆さんの日焼けした笑顔が素敵な活動でした。

IMG_8293.jpg
プロフィール

gymkyoku

Author:gymkyoku
Welcome to じむきょく日誌☆

美しい山形・最上川フォーラム事務局からgymkyokuがお届けします。
活動・イベントの様子も紹介しますので、是非Check it out!^0^v

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。